FC2ブログ

注意一秒、怪我一生

 今朝の通勤途中で、自転車同士が接触し、60代の女性がこけていた。
 斜め20メートル先なので、わずかにしか目にしていないが、真っ直ぐ走っていた若い男性の自転車の後輪に、女性が脇道から突っ込んだ感じだった。
 ゆっくりとこけたが、女性は痛いと声を出して、道路に横たわる。
 男性は、バランスも崩さず、数メートル先で止まる。
 その後は、見ていない。
 でも、男性の行動が気になった。
 追突した方が、こけて痛いと声を出している。
 もし、私ならどうしただろうか。
 同性なら、きっとムカつくだろう。
 けれど、年上の女性だと、微妙である。
 だが、前方も確認せず、脇から飛び出してきたのでは、困り者だ。
 下手をすれば、ぶつけられた被害者なのに、加害者にされる事もある。
 ほんの僅かな瞬間ではあるが、事故は目の前に潜んでいる。
 今日、東京の五反田で、タクシー待ちをしていた60代の男性が、30代の男性に包丁で刺された。
 面識のない、通り魔である。
 ただ、殺したいだけで、他人を刺す。
 状況は、相当に違うが、いつどこで何が起こるか分からない。
 注意は、し過ぎると疲れるけれど、少しは注意して生活して行こう。
 そんな、一日であった。
 ちなみに、今朝の体重は、74.9㎏。
 2日間、動かなすぎ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する